ペッツベストのペット保険

ペッツベストのペット保険

ペッツベストのペット保険

米国ペッツベストインシュアランス社の創設者は、Dr.ジャック・スティーブンスという獣医でした。

彼は治療費がかかるからと安楽死を望む飼い主にショックを受け、1981年にアメリカで初のペット保険会社を設立しました。

それから研究を重ねて設立した会社が米国ペッツベストインシュアランス社なのです。

ペッツベスト社は獣医やペット、ペットの家族などの立場からシンプルに作られているペット保険です。

アメリカでの基本的なペット保険にプラスして、日本独特の細やかな心遣いなども加味してあります。

プランはファーストプラン、ベーシックプラン、アクシデントプランと3つあるのですが、補償額は全て医療費の80%となっています。

アクシデントプランは突然のケガに備えた傷害保険です。

ですので、病気は対象になりません。

ファーストプラン、ベーシックプランはともに医療保険なのですが、支払い限度額がファーストプランの方が高く、手厚く設定されています。

また、年齢が上がっても保険料はそれほど上がらず、犬も猫も16歳まで新規加入できるのです。

ペットを家族と考え、ずっと安心して一緒に暮らしてほしい。

創業者Dr.ジャック・スティーブンスのそんな考えが、こういうところにも出ています。

ペッツベストのペット保険は飼い主の気持ち、ペットの気持ち、そういった目に見えないところを重視しているペット保険です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional