ペット保険と人の保険の違い

ペット保険と人の保険の違い

ペット保険と人の保険の違い

自分や家族の保険に入る際、何を重視しますか?

病気にかかったときの医療費?

働けなくなったときの生活費?

亡くなったときに家族に残す保険金?

掛け捨てか積み立てかなども考えるでしょう。

月々かかる保険料も計算して、何が自分にとっていいのか、いくつもの保険を見比べて加入するのではないですか?

それと比べて、ペット保険は基本的には医療費のためのものと言っていいでしょう。

稼ぎがないので働けない間の生活費や、遺族のためのものは必要ないのですから当然ですよね。

ペットの医療費ですが、そんなにかかるものではないと思ったら大間違いです。

飼っていた犬が骨折をして入院、手術をしたとしましょう。

もちろん、そのケースによって変動はありますが、平均しても20万円近くかかってしまうのです。

健康保険に入っている私たちなら3割負担で済みますが、ペットはそうもいきません。

全額を飼い主が支払わなくてはいけないのです。

ペット保険はそのような場合の医療費のためにあります。

そのプランによりますが、5割から、全額を保険金でまかなえる場合だってあるのです。

ペット保険は私たちの入る一般の保険というよりは、健康保険に近いものです。

ならば、入った方がいいというよりも、入るべきものなのでしょう。

健康保険も迷ったりすることはないのですから。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional