ペット保険の掛け金は掛け捨て?

ペット保険の掛け金は掛け捨て?

ペット保険の掛け金は掛け捨て?

私たちが保険に加入する際、掛け金は掛け捨てか積み立てか選びます。

積み立て保険ならば満期になると満期返戻金があり、途中で解約しても少し戻ってきます。

その分、補償額などは少なくなります。

逆に掛け捨ての保険は、何もなければ返戻金はありません。

ただ何かあったときのために保障が手厚くなっています。

それが人の場合ですが、基本的にはペット保険は掛け捨てと積み立てと選べません。

と言うのも、基本的には全て掛け捨てになっているからです。

ペット保険には満期というものはあまりありません。

そのため、掛け捨てが主なのです。

ただ、途中で返戻金があるものもあります。

健康返戻金や健康ボーナスというものが出るペット保険です。

医療費がかからず、給付金額が少なかった場合などに出るものです。

また、亡くなった場合にお見舞金などが出るものもあります。

ペットが亡くなった際に埋葬などを行う人も多いので、それに充てられるようにというものです。

そのような返戻金もあるのです。

ただ、それらもおまけのようなものなので、基本的には掛け捨てのつもりでいた方がいいかもしれません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional