ペット保険の種類

ペット保険の種類

ペット保険の種類

各社や各プランのペット保険での大きな違いの一つに、保険金の受給プランの違いがあります。

そのタイプは3つに分けられます。

実費保障型、定率保障型、定額保障型の3タイプです。

実費保障型というのは、文字通り実際にかかった医療費を保障するものです。

これだと特に医療費のことは考えずに、通院することができます。

ただし、大体が上限が決まっていて、その額を超えた分に関しては保障されません。

次に定率保障型。

これはかかった医療費に対して、あらかじめ決めていた率で保障されるというものです。

60%のプランであれば、かかった医療費の60%を保険会社が保障し、残りの40%を飼い主が負担します。

この定額保障型が最も一般的なペット保険になります。

各社のプランによってもその率は変わってきます。

そして定額保障型です。

これはかかった治療費に関係なく、1日いくらと決められた額が保障されるというものです。

1日に2,000円と決まっていたら、実際に500円かかっても5,000円かかっても2,000円が保障されるのです。

あまり総支給額は多くないのですが、もらえる日数が長く、長期で保障を受け取れます。

タイプはこの3つになります。

自分がどういうふうに保障をしてほしいか、というのを考えて選びましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional