ペット保険金の支払い方法

ペット保険金の支払い方法

ペット保険金の支払い方法

保険金の支払いは、大きく分けて2種類あります。

窓口割引型と立替請求型です。

窓口割引型はその名の通り、病院のお会計時に割引がきくものです。

そのため、後日の手続きなどが必要ありません。

健康保険に入っている私たちが病院に行くようなものと同じです。

病院で保険会社の発行している保険証を提示すれば、割引になります。

一方の立替請求型というのは、病院の窓口では全額自己負担として支払い、後で保険会社から保険金が給付される、というものです。

領収書や必要書類を提出して給付されます。

保険金を受け取れる期間は決まっていますので、早めに請求しましょう。

請求書などはサイトからダウンロードして記入するような形になります。

この2つを比べると、窓口割引型の方が楽ですよね?

その場で割引がきくので手持ちがそれほどなくても安心ですし、必要書類を書いたり送ったりという手間もかかりません。

ただ、窓口割引型のペット保険でも、それができる病院とできない病院があるのです。

窓口割引型のペット保険は、その保険会社が提携している病院に限ります。

提携外の病院で受診した場合、立替請求型となりますので注意してください。

窓口割引型にしたい場合、自分のかかりつけの病院がその保険会社と提携しているかどうか、近くに提携している病院があるかどうかを調べましょう。

窓口割引型のペット保険は少ないですが、できれば手間のかからない方がいいですからね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional